東京駅の駅弁「50品目たべごろ弁当(夏)」を食べてみました

130609ekiben-50hinmokutabegorobento01

妻がちょっと旅へ出るのを見送りに東京駅に行ったので、せっかくだからと思い、ぼくも駅弁を買ってみました。

買った駅弁は「50品目たべごろ弁当(夏)」。価格は1300円でした。

「50品目も入ってるなんて、スゴくヘルシーだね!」

と思ったのが、選んだ理由です。

130609ekiben-50hinmokutabegorobento02

「50品目たべごろ弁当(夏)」は、こんな風に水色の風呂敷ぽい紙に包まれていました。

130609ekiben-50hinmokutabegorobento03

風呂敷?を解いてみると、原材料名がズラリ。「50品目たべごろ弁当」だけに、原材料はメッチャ多いですね。

130609ekiben-50hinmokutabegorobento04

開けてみると、「おしながき」が入っていました。

「おしながき」には「一の重」「二の重」の献立と、「50品目の紹介」がズラリと書かれています。

「一の重」にはおかずがギッシリ

130609ekiben-50hinmokutabegorobento05

早速「一の重」を開けてみました!

おかずが「これでもかっ!」ってくらいにたくさん入っています。

どんなおかずが入っているのか?まずは向かって左側の仕切りから見てみましょう。

130609ekiben-50hinmokutabegorobento06

「玉子焼」「山菜漬」「赤魚白醤油焼」「二食ピーマン素揚」「有頭海老煮」「合鴨スモーク」「南瓜素揚」「根菜のしそ酢和え」「蓮根挟み揚」という9つものおかずが入っています。

どれも本格的な味といいますか、素材の味が堪能できる感じで、

「どのおかずももっと食べたい!」

と思うほどのおいしさでした!

130609ekiben-50hinmokutabegorobento07

向かって右側は「煮物」です。

「がんも」「牛蒡」「筍」「ヤングコーン」「おくら」「ふき」「人参」「茄子」「野菜入りさつまあげ」…なんと具材が9つもありました。

どれも上品な薄味でおいしくいただきました。

「二の重」には、おかずに加えて2種類のごはん

130609ekiben-50hinmokutabegorobento08

続いては「二の重」です。「一の重」同様、すっごく上品な感じですね。

まずは、左半分のアップから。

130609ekiben-50hinmokutabegorobento09

おかずは「帆立貝ひもと数の子の和え物」「青菜と油揚げの煮浸し」の2種類。特に「帆立貝ひもと数の子の和え物」は、ぼく的にハマりました。

ひとつめのごはんは、白米を使った「白飯」。「青菜と小海老のふりかけ」がかかっています。

130609ekiben-50hinmokutabegorobento10

続いて、右側のおかずは「里芋と舞茸 鶏そぼろあんかけ」「さやいんげん」「春雨サラダ」が入っていました。「鶏そぼろ」は、ちょっと少なめかも。。。

こちらのごはんは「十六穀入りご飯」。上には「あさり時雨煮」が乗っています。

「50品目」も入ったヘルシーな駅弁は貴重かも

130609ekiben-50hinmokutabegorobento01

ということで、ごはんが2種類入っているのはうれしいのですが、ごはんが大好きな「飯っ食い」のひとには、ちょっと足らないかもしれません。

とはいえ、「ステーキ丼」とか「海鮮丼」的なカロリーが高く、野菜不足になりがちな駅弁も多いなか、「50品目たべごろ弁当」は、その名の通り、海の幸から山の幸まで「50品目」も入っていて、栄養バランスがよくヘルシーなのは魅力だと思います。

また、これだけおかずがたくさんあるので、おかずをつまみにビールなんかを飲んで、ごはんで締める…というのもよさそうですね。

旅行や出張に出ると、体力を使って疲れますし、おいしいものを食べすぎたり、お酒もついつい飲み過ぎたり…というひとも多いのではないでしょうか?

そんな旅行の時に、「50品目たべごろ弁当」のような栄養バランスがよくヘルシーな駅弁と食べると、ちょっと身体をリセットできそうな気がします。

また、「焼肉弁当」みたいな駅弁をガーッと食べるのも気分がいいかもしれませんが、「50品目たべごろ弁当」のように上品な駅弁を食べるのも、列車の旅をちょっと優雅なものにしてくれるかもしれません。

「50品目」のリストはこんな感じ

「50品目たべごろ弁当」の「おしながき」から、「50品目の紹介」をダーッと書き出してみました。

  1. 合鴨肉
  2. 赤魚
  3. あかのり
  4. あさり
  5. 小豆
  6. 油揚げ
  7. うるち米
  8. 枝豆
  9. 海老
  10. おくら
  11. 数の子
  12. かぼちゃ
  13. きくらげ
  14. 魚肉すり身
  15. 黒豆
  16. ゴーヤ
  17. 牛蒡
  18. ごま
  19. こんにゃく
  20. 昆布
  21. 里芋
  22. さやいんげん
  23. 椎茸
  24. しそ
  25. 生姜
  26. 大根葉
  27. 大豆
  28. 玉ねぎ
  29. ちくわ
  30. とうもろこし
  31. 鶏肉
  32. 茄子
  33. なめこ
  34. 人参
  35. 野沢菜
  36. 春雨
  37. ピーマン
  38. ふき
  39. 豚肉
  40. 帆立貝ひも
  41. 舞茸
  42. もちあわ
  43. もち米
  44. 山芋
  45. 蓮根
  46. わかめ
  47. わらび

「50品目」というのは、こんな風に書き写すのもちょっとダルかったくらい、またスクロールするのもダルくて申し訳ないくらいの長さになるんですね。。。

ちなみに「50品目」のうち、「16品目」は「十六穀入りご飯」が占めているとはいえ、「50品目」しっかりと入っているのは間違いありません。

ということで、また東京駅で駅弁を買うときには、「50品目たべごろ弁当」をリピしてしまいそうです。

関連リンク

50品目たべごろ弁当(夏)|駅弁|NRE 株式会社日本レストランエンタプライズ

※上記リンクによりますと、「50品目たべごろ弁当」は、JR東京駅構内の「駅弁屋祭」「駅弁屋踊」にて販売されています。

カテゴリー: 食べ物・グルメ タグ: パーマリンク

コメントを残す