札幌の市電の中で見つけた「心遣いのいろは」がおもしろい!

130516sapporo-kokorozukainoiroha01

メガネ情報サイト GLAFAS(グラファス)の取材と観光を兼ねて、GWに札幌に行ったとき、市電(路面電車)の中で見つけた「心遣いのいろは」と車内広告が、とてもおもしろかったのでご紹介しようと思います!

この「心遣いのいろは」はウィットに富んでいて、かつユーモアあふれています。

これを見て読んでクスリと笑えば、きっと車内マナーが向上するにちがいない!と思いました。


いりぐちは広く大きくあけましょう

130516sapporo-kokorozukainoiroha02

なんだか仙人みたいなひとが杖を持って両手を広げながら、市電に乗り込もうとしています。

※乗降口を広くあけないと中へすすめません。

と書いてありますが、まさにその通り!って感じで、すごくわかりやすいですね!

ろせんを間違えても慌てずに

130516sapporo-kokorozukainoiroha03

このひとは誰かと待ち合わせのため「新さっぽろ」に行きたかったのに、どうやら乗る路線を間違えてしまい、

つぎはさっぽろにとまります

という車内の表示を見て、額に汗して慌てふためいているようです。。。

ぼくは東京に住んでいるのでピンとこなかったのですが、札幌出身のひとにこれを見せたところ、

「さっぽろ」と「新さっぽろ」は全然違うじゃ~ん!

とウケていました!

地下鉄路線図(札幌) – goo 地図

ということは、このネタは地元のひとにはスゴく伝わるのはないでしょうか?

※慌てたところで、事態は好転しません。

と書かれていますが、これまたその通り!こんなに冷静に言わなくても…っていうか、この冷静さが笑えました!

…なんて、書いているぼくも冷静かも?

とはいえ、路線を間違えてしまうと、ついつい慌ててしまうものですよね。。。

はい、どうぞ、ゆずり合いを忘れずに。

130516sapporo-kokorozukainoiroha04

混んでいる車内では、座席の「ゆずり合い」は大切ですよね。

3人のひとが「どうぞ!どうぞ!」と言わんがばかりに笑顔で席を「ゆずり合い」していて、「ゆずり合い」しそびれた?3人が、大口を開けてあ然としています。

※あくまで、さりげなくゆずり合ってください。

というひと言がたまりません。

これじゃあ、座席をゆずられたひとも座りにくいったらありゃしないですよね。

にもつは邪魔にならないように持ちましょう。

130516sapporo-kokorozukainoiroha05

このひとは、これから登山にでも行くのでしょうか?大きなリュックを背負って、右手にはピッケルらしきものを持っていますね。

しかも、ピッケルは横になっていて、思いっきり周りのひとの邪魔になっているようですし、ヘルメットまでかぶってます。

※手荷物が多すぎると、身動きがとれなくなります。

と書いてありますが、すごくわかりやすいですね!

ほそい通路に座り込むのはやめましょう。

130516sapporo-kokorozukainoiroha06

「座り込むどころか、ござまで広げて思いっきりくつろいでるじゃん!」

…と、ツッコミを入れようと思ったら、

※くつろぎすぎては、他の方へ迷惑がかかります。

と、先にしっかりとツッコミを入れてくれていました!

しかし、ひとりなのに重箱まで持ってきてるのもスゴいですね!

ヘッドフォンの音をおとなりに聞かせない。

130516sapporo-kokorozukainoiroha07

単にうるさいからというのではなく、

※趣味があうとは限りません。

という理由がいいですね!笑えます!

振り返ってみれば、「ヘッドフォンの音、うるさいなあ…」と思うときは、たいてい趣味があわない音楽のときだなと思いました。

思わずひざを打ってしまうようなことを、おもしろおかしく言葉にしてあるセンスには脱帽です!

とうせんぼをするのはやめましょう。

130516sapporo-kokorozukainoiroha08

「足を投げ出すのはやめましょう。」ではなく、

※はやめに遮断機を上げてあげてください。

というセンスがスゴいです!こんなのよく思いついたよなあ!

しかも、「上げてあげてください」ですからね!笑わせてくれます!

みんなが気持ちよく車内で過ごすために

130516sapporo-kokorozukainoiroha09

「心遣いのいろは」を「い」から「と」まで読み終えると、最後にこんなことが書いてありました。

忘れていませんか?周囲へのマナー。

マナーのいろはをもう一度確認!

  • みんなが気持ちよく車内で過ごすために、
  • 床に座り込まない。
  • 乗車口付近の過密乗車を避ける。
  • ヘッドフォンステレオの音漏れに注意する。

など、周囲の方への心遣いをお忘れなく―ーー。

普通のセンスなら、上記の文章だけで済ませてしまいそうなところを、マンガのようなカルタのような感じでユーモアたっぷりに表現しているのが、とてもおもしろかったです!

札幌市民のみなさんには、もうすっかりおなじみの車内広告なのでしょうが、東京から来たぼくは、すっかり楽しませてもらいました!

※「心遣いのいろは」は、札幌市交通事業振興公社が作成したもののようです。

カテゴリー: 小ネタ, 旅行 タグ: パーマリンク

コメントを残す