リンクを含んだテキストをコピペしたとき、リンク付きでペーストできなくなってしまった原因は Skypeクリックコール(Skype click to call)

7月9日(月)に「リンクを含んだテキストをコピペしたとき、リンク付きでペーストできなくなってしまったときの対処法」という記事を書いたのですが、しばらくして「対処」できなくなり、実はアタフタしていた、さくらヒロシ(@hirochingS)です。

ぼくはメガネの情報サイトを運営していることもあり、リンクが含まれたテキストをコピペすることが多く、リンクを含んだままリッチテキストとしてペーストできないのは、ものすごくストレスがたまってしまうのです。

そこで、再度ググってみたところ、やっと解決できる方法にめぐり会いました!

リンクを含んだままリッチテキストとしてペーストできなかった原因は、ぼくの環境(Windows vista)では「Skypeクリックコール(Skype click to call)」というソフトでした。

120809copyandpaste-with-link01

Skypeクリックコール(スクリーンショット)

Skypeクリックコール(Skype click to call)とは、インターネット電話サービス Skype(スカイプ)と組み合わせて使うソフト。これをインストールしておくと、ブラウザに表示された電話番号にワンクリックで Skype(スカイプ) を使って電話できるというもので、それなりに便利に使っていました。

Skypeクリックコール(Skype click to call)が、リンクを含んだままリッチテキストとしてペーストできなかった原因だと教えてくれたのは、「EXCELで数値/文字列しかコピーできない: ひとりでできないもん」というブログ記事。

ぼくが実際に困っていたのは Excel ではなかったのですが、この記事に書かれているように Skypeクリックコール(Skype click to call)をアンインストールしてみたところ、Internet Explorer はもちろん、ぼくが今メインで使っている Chrome をはじめ、FirefoxSafari、といったブラウザ、このブログを書くのに使っているソフトWindows Live Writer でも、リンクを含んだテキストをリンク付きでバッチリコピペできるようになりました!

もちろん、この記事を書いている今も、リンクつきのテキストをリンクつきで、リッチテキストとしてコピペできています。

リンクを含んだテキストをコピペしたとき、リンク付きでペーストできなくなってしまったときの対処法」という記事を書いたのは7月9日(月)。しばらくの間は上手くコピペできていたのですが、再びリンクつきでコピペできなくなったり、できるようになったりしながら、ここ数日は完全にダメになっていました。

今日は8月9日(木)。約1ヶ月の間アタフタイライラしていたのですが、これでようやくストレスから解放されそうです。

なお、同じような症状でお困りで、Skype(スカイプ) も Skypeクリックコール(Skype click to call)も入れてないよ!というひとは、次の記事が参考になるかもしれません。

リンクを含んだテキストをコピペしたとき、リンク付きでペーストできなくなってしまったときの対処法 – ブログ さくらヒロシ

カテゴリー: PC タグ: パーマリンク

リンクを含んだテキストをコピペしたとき、リンク付きでペーストできなくなってしまった原因は Skypeクリックコール(Skype click to call) への3件のフィードバック

  1. omaruko のコメント:

    SkypeクリックコールとはSkypeクリックコールの設定すればSマークのついた電話にPCから電話すれば無料になるということですか。

    • さくら ヒロシ のコメント:

      omarukoさま
      コメントありがとうございます。

      http://www.skype.com/ja/download-skype/click-to-call/を読むと、「無料と表示された電話番号」については、「各地にいるSkypeのビジネスパートナーが、お客さまからの通話料金を支払っています。」ということのようです。

      さらに、「Skypeクリックコールからの通話の多くは、お客さまには無料です。」と書いてありますが、続けて「無料と表示された電話番号を、Webサイトで見つけてみてください。」とも書いてありますので、「無料」もしくは「FREE」と表示された場合のみ、無料になると思われます。

  2. omaruko のコメント:

    これでわかりました。どうもありがとうございました。

コメントを残す