WindowsでもMacのようにCDやUSBメモリをデスクトップに表示できるフリーソフト Desktop Media

desktopmedia01

MacからWindowsに乗り換えたとき、CDやUSBメモリを入れたときにデスクトップに表示されないことに違和感を覚えていた、さくらヒロシ(@hirochingS)です。

そんな違和感を解消してくれるソフトを、ぼくが毎日チェックしているニュースブログ GIGAZINE で見つけたので、早速インストールしてみました。

USBメモリ・CD/DVDなどを認識するとショートカットアイコンを自動表示する「Desktop Media」“という記事で紹介されています。

いちいちマイコンピュータやエクスプローラで開いたりしなくても、自動的にデスクトップ上にショートカットアイコンを作成してくれるフリーソフトが「Desktop Media」です。挿入して認識している間だけアイコンは作成される仕組みで、取り外せば自動的にアイコンが消えるというのがポイント。また、ネットワークドライブも存在してアクセスできるLANにいる間だけ表示するというようなことも設定次第では可能です。インストールと使い方は以下から。

ということで、「インストールと使い方」については、GIGAZINE の記事をごらんください。

といっても、難しいことはないのでご安心を。指示に従って進めていけば、普通にインストールできますよ。

速攻ダウンロードしてインストールしたい!というひとは、下記のURLへどうぞ!

Desktop Media をインストールすると、CDやUSBメモリをパソコンに入れると、下の写真のように、デスクトップに「ショートカットアイコン」が表示されるようになります。

desktopmedia02

「ショートカットアイコン」ですから、ダブルクリックすれば、すぐに中身を見ることができます。

つまり、「マイ コンピュータ」(XP)、「コンピュータ」(Vista)、「コンピューター」(Windows7)をスルーして、CDやUSBメモリ、メモリーカードにすぐにアクセスできるというわけです。

desktopmedia03

また、「ショートカットアイコン」を右クリックすれば、「安全に取り外す」こともできます。

余談ですが、MacからWindowsに乗り換えたとき、「安全に取り外す」ということばに違和感を覚えました…まあ、今ではとりあえず納得していますが。。。

閑話休題。

そして、「安全に取り外す」と、デスクトップから「ショートカットアイコン」は消えます。

CDやUSBメモリを開くのに、いちいち「マイ コンピュータ」(XP)やら、「コンピュータ」(Vista)やら、「コンピューター」(Windows7)を開くのがめんどくさい!というひとや、Mac使いひとに「CDどこ?」、「USBメモリどこ?」と聞かれてしまうひとには、このフリーソフト Desktop Media はおすすめです!

カテゴリー: PC タグ: パーマリンク

コメントを残す