ザ・ローリング・ストーンズ、8年ぶりの来日公演初日を東京ドームに見に行ってきました

140304rollingstones_japantour_tokyodome01

2月26日(水)に東京ドームで行われたザ・ローリング・ストーンズの来日公演初日を見に行ってきました。

8年ぶりの来日公演であり、メンバーもほとんどが70歳!を超えるストーンズなのですが、いやあ!衰え知らずといいますか、相変わらずのスゴいパフォーマンスを見せてくれました!

とはいうものの、開始直後、ギターのキース・リチャーズがスクリーンに大写しになったときは、ちょっとビックリ。

髪がますます白くなり、顔のしわもさらに深くなったような…。

ですが、相変わらずのカッコいいギターを聞かせてくれたので一安心でした!

ストーンズ 来日公演初日 セットリスト&レビュー

さて、セットリストとともに、2月26日(水)に東京ドームで行われたザ・ローリング・ストーンズの来日公演初日を見た、ぼくの感想を綴っていきたいと思います。

1.Get Off My Cloud

この曲が1曲目とは、ぼくとしてはちょっとビックリ。もう少し派手というか、知名度のありそうな曲で始まるのでは?と予想していたので。

でも、ぼくとしてはかなり好きな曲なのでよかった!

2.It’s Only Rock ‘N Roll (But I Like It)

1曲目に続いて、古い感じのいかにもロックンロール!って感じの流れがいい感じでした!

3.Tumbling Dice

1曲目からの「いい意味でゆるい感じの展開」が、ぼく的にはサイコーでした!

まあ、勝手な意見かつ想像ですが、メンバーも年を取ってきたことですし、こういう「いい意味でゆるい感じの展開」は、スゴく味もあって、とってもいいと思います。

4.Wild Horses

ぼく的に、今回最初のピークは、この「Wild Horses」でした!

アコースティックではなく、エレキギターを使ったアレンジやミック・ジャガーのボーカル、そしてサビでのキース・リチャーズのコーラス…

いやあ、ホントにいいもの聴かせてもらいました!

5.Emotional Rescue

ミック・ジャガーのファルセット(裏声)がスゴい!

70歳過ぎでもこれだけ声出てて、体型も保ってて、マジで感心します!

6.DOOM AND GLOOM

正直に言います。この曲、このライブで初めて聴きました…。2012年に発表された曲だったんですね。

7.Bitch

ストーンズの公式サイトで、「日本でストーンズに歌ってもらいたい1曲を投票しよう!! | The Rolling Stones」という企画があり、この投票により選ばれた1曲が「Bitch」です。

率直なところ、「どうして Bitch だったの?」って感じ…。

ぼく的には「Silver Train」とかがよかったなあと。

8.Honky Tonk Woman

この曲も、ストーンズのライブでは外せないですよね?

イントロといい、リードといい、キース・リチャーズのギターも、相変わらずカッコよかったです!

9.Slipping Away

ここからは、キース・リチャーズのソロタイム?です。

70歳を超えても衰えるところを知らず!という感じで、渋いボーカルを聴かせてくれました!

個人の感想としましては、「Wild Horses」に続いて、感情のピーク第2弾を迎えました。

それと、この曲では、あのミック・テイラーがゲストで登場!

ミック・テイラーのギターが何気に好きだったりするので、うれしいサプライズでした!

かなり太っていて、外見が劣化していたのは正直残念ですが、ギターはカッコよかったので、ちょっとエラそーですが良しとします!よかった!

10.Before They Make Me Run

キース・リチャーズのソロ2曲目なのですが、

「どうしてがんばってこの曲を歌うんだろう?キースは!」

と思いました。

「もっと楽に歌える曲もあるのでは?「Happy」をキー下げて歌ってもいいのでは?」

とも思いました。

しかし、じっと聴いているうちに、今のキースがこの曲を歌っているということに、だんだん勇気づけられてきました。

いやあ、よかったっす。

11.Midnight Rambler

ここでもミック・テイラーが登場。3人のギターも、ミック・ジャガーのボーカル&パフォーマンスもカッコよかった!

12.Miss You

これもストーンズのライブでは定番ですね!

13.Paint It Black

細かな感じや感想などは、なぜか記憶が飛んでいるのですが、心地よく聴けたなあ…と思いました。

14.Gimme Shelter

実は、これまでライブで「Gimme Shelter」を聴いているのは、結構退屈に感じていました。

ですが、なぜだか、今回の「Gimme Shelter」は、すんなりと心地よく聴けました。

今まで聴いた「Gimme Shelter」の中では、いちばんだと思いました。

15.Start Me Up

この曲は、キース・リチャーズが弾くイントロからしてヤバいですね!

「Start Me Up」なしには、ストーンズのライブ、あり得ないでしょう!

16.Brown Sugar

この曲もマストです!

17.Jumpin’ Jack Flash

「Start Me Up」「Brown Sugar」と続く流れは、もうヤバいです!

18.Sympathy For The Devil

「Jumpin’ Jack Flash」が終わり、何が来るの?と思っていたら、「Sympathy For The Devil」でした。

ミック・ジャガーのボーカル&パフォーマンス最高!

19.You Can’t Always Get What You Want

ここからはアンコール。

洗足学園音楽大学の在学生・卒業生を中心とした「洗足フレッシュマン・シンガーズ」という合唱団がステージに登場。

アルバムテイク?をまさに彷彿とさせるようなコーラスが、めっちゃよかったです!

この曲をこういう状態で聴けたのは、本当にラッキーでした!

20.Satisfaction

この曲も大好きなのですが、個人的にはちょっと惜しかったかな?という感じ。

ここでもミック・テイラーが登場してました。

衰え知らずのメンバーに感動!

140304rollingstones_japantour_tokyodome02

ぼくは、ストーンズの初来日からずっと欠かさず見に行っているのですが、年を取っても衰えない姿を見ると、「スゴい!」と毎回感心してしまいます。

どの曲だかは忘れてしまったのですが、70歳を超えたミック・ジャガーが、ステージの端から端までダッシュで駆け抜けたのは、ホントにビックリしたのと同時に、スゴいなあ!と思いました。

とはいえ、ストーンズが年を重ねていくのと同じように、ぼく自身も年を重ねています。

ストーンズが初来日したときには20歳過ぎだったぼくも、いまでは40代…。

今回、ストーンズの来日公演を見て、

「ぼくもまだまだやれるな!まだまだやらなきゃ!」

と、勇気づけられた次第です。

んで、実は、運良く最終日、3月6日(木)のチケットも手に入れることができたので、もう一度東京ドームにいって、ストーンズを見てきます!

関連記事

ぼくにとってキース・リチャーズはアイドル

ぼくがK-POPアイドルを好きな気持ちは、ロックスターを好きになった気持ちと同じ

ストーンズについては、1990年の初来日公演以来、日本ツアーには欠かさず足を運んでいますし、アルバムもほぼほぼ持っているくらいには好きです。

SISTAR(シスター)単独コンサートのセトリ&レビュー

SISTAR 2回目の単独コンサート「S」~セトリ(セットリスト)&レビュー

K-POP ガールズグループ SISTAR 初の単独コンサート FEMME FATALE セットリスト&レビュー

SISTAR 日本初のファンミーティング&ライブのセットリスト&レビュー

カテゴリー: ロック タグ: パーマリンク

コメントを残す