LCC(格安航空会社)のエアアジアが11月に運行休止、路線も全面的に見直しへ

120906airasia01

2012年8月より国内線の就航をはじめた LCC(格安航空会社)の「エアアジア」が、2013年11月に運行を休止するというニュースが報じられています。

時事ドットコム:子会社LCC、11月に運航休止=路線も全面見直し-ANAHD

実際にエアアジアに乗って、成田空港から新千歳空港まで行ってみて、安くて快適だったと思ったぼくとしては、エアアジアの今後の行方が気になります。。。


10月末まで運行、12月より新ブランドで再開

エアアジアは、全日空の持ち株会社であるANAホールディングスの傘下にあるのですが、2013年6月に共同事業を解消しています。

エアアジア社との共同事業の解消について | プレスリリース | ANAホールディングス株式会社

ANAホールディングスが、どうしてエアアジアとの共同事業を解消したのかというと、赤字が膨らんでいたからのようです。

ANA、エアアジアと提携解消発表 LCC、日本流サービスで  :日本経済新聞

この日本経済新聞の記事によると、ANAがエアアジアとの提携解消を発表した時点で、

10月31日までエアアジアのブランドで現行路線(計画含む)を維持。11月以降の社名や運営方針などについては「7月末にも発表したい」(清水上席執行役員)。

と決まっていたのですね。

また、読売新聞の記事によりますと、現在使っている航空機は、マレーシアに本社を置くエアアジアが保有しているとのこと。10月末まで運行を続けたあと、ANAホールディングスは航空機をエアアジアに返却し、新たに期待や人員を確保して、新たなブランドでLCC(格安航空会社)を展開するのだそうです。

ANA傘下LCC運航停止検討…新ブランドへ : ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

果たして、どんなブランド名になるのでしょうか?ぼくはエアアジアの赤い機体やロゴが好きなので、新しいブランドにもかっこいいロゴやデザインを期待しています。

そして、時事ドットコムの記事によりますと、「12月に再開する方針」とのこと。「運航路線の全面的な見直し」もおこなわれるそうです。

時事ドットコム:子会社LCC、11月に運航休止=路線も全面見直し-ANAHD

LCCにはがんばってほしい

120906airasia15

冒頭でも書いたように、ぼくは成田空港から新千歳空港までエアアジアで行ってきました

その後、エアアジアのライバルであるジェットスターに乗って、成田から新千歳と福岡に行ってきました。

LCC(格安航空会社)というものが登場して、ぼくが暮らす東京から遠い、北海道や九州などへ行くのが、かなり気楽になったように感じています。

ですから、「LCCにはがんばってほしい!」と思っています。

ということで、ANAが12月以降、どのような形でLCC(格安航空会社)を展開していくのか?に、期待と注目をしたいと思っています。

特に、どんな運航路線になるのか?が一番気になります。

関連記事

話題のLCC(格安航空会社)エアアジアに乗って成田から札幌へ行ってきた

カテゴリー: 旅行 タグ: パーマリンク

コメントを残す