韓国交通カードT-Moneyのチャージ残高確認・照会できるAndroidスマホアプリ「T-money Balance Check」

150107t-money-balance-check01

韓国にもSuicaやPASMO、ICOCAのような電子マネー「T-Money(Tマネー)」があります。

T-Moneyは、地下鉄やバスに乗るときに使えるほか、コンビニのレジでの支払にも使えるので、スゴく便利!

しかし、韓国を旅行していて、「あれ?T-Moneyの残高、どのくらいだっけ?チャージしなきゃダメかな?」と悩んでしまうことが何度かあったので、「T-Moneyの残高が分かる、確認・照会できるスマホアプリがないかな?」と調べてみたら、「T-money Balance Check」というAndroidアプリを見つけました!

T-money Balance Checkの使い方は簡単です。

まずは、

T-money Balance Check (NFC) – Google Play の Android アプリ

にアクセスして、サクッとインストール。

アプリを起動すると、以下のような画面が出てきます。

150107t-money-balance-check02

英語の説明書きを訳してみますと…

「1.Remove your phone protective cover.」

→「スマホの保護カバーを外してください。」

「2.Move the T-money Card *slowly* near the NFC sensor at the back of your phone.」

→「T-Moneyカードをスマホ裏側のNFCセンサーにゆっくり近づけてください。」

という内容でした。

ぼくが使っているGALAXY Note 3(au)の場合、カバーを外さなくても、T-Moneyカードを裏側に当てただけで、しっかりと認識してくれました。

150107t-money-balance-check03

ということで、ぼくのT-Moneyカードの残高は、16,750ウォンということが確認・照会できました!

もうすぐ、韓国に旅行する予定なのですが、仁川空港からソウル市内まで地下鉄で行くのに十分な金額がチャージされていることが分かって一安心です。

また、T-money Balance Checkというアプリで、ちょっと便利なポイントは、「COPY」(コピー)や「SHARE」(シェア、共有)ができること。

「COPY」をタップすれば、

「[2015/01/07 21:14] Card Number: xxxx xxxx xxxx xxxx , Balance: 16750 ₩」

というように、T-Moneyカードの残高とカードナンバー、確認した日時がテキストとしてコピーされますので、好きなアプリにペーストして保存しておくことができます。

また、「SHARE」をタップすると、ほかのアプリで「共有」をタップしたときと同じように、「共有」できるアプリがズラズラッと出てきます。

150107t-money-balance-check04

ぼくは、Evernoteというアプリを使いまくっているので、Evernoteに共有してみました。すると、こんな感じにテキストと画像でT-Moneyカードの残高を確認・照会した結果が保存されました。

150107t-money-balance-check06

また、メール(Gmail)にも共有できます。Evernoteと同じように、テキストと画像でT-Moneyカードの残高確認・照会した結果をメールで送ることができます。

150107t-money-balance-check07

GALAXY Noteの「スクラップブック」というアプリを使っているひとは、確認・照会したT-Moneyカードの残高を「スクラップブック」に保存しておくのも便利かもしれませんね。ちなみに、ぼくは最近あまり使っていませんが…。

150107t-money-balance-check08

T-money Balance Checkというアプリを使えば、T-Moneyカードの残高が分かるわけですが、残念ながらチャージすることはできません。。。

T-Moneyカードにチャージするには、日本のSuicaやPASMO、ICOCAなどと同じように、駅の券売機(「1回用販売・交通カードチャージ機」)でチャージすることができます。

「1回用販売・交通カードチャージ機」は、日本語にも切り替えられるので、韓国語(ハングル)が分からないひとも安心です。

また、コンビニでもT-Moneyカードにチャージすることができます。

明洞(ミョンドン)や東大門(トンデムン)といった日本人に人気の繁華街では、日本語ができる店員さんも結構多いですが、コンビニの店員さんで日本語が分かるひとは、ぼくの経験ではほとんどいないように思います。。。

コンビニでT-Moneyカードにチャージしたいときには、

「충전해 주세요(チュンジョネジュセヨ)」

と言いながら、T-Moneyカードを差し出せば、チャージしてもらえますよ。

ちなみに、「충전해 주세요(チュンジョネジュセヨ)」を日本語に直訳すると、「充電してください」となります。日本人が「チャージ」と言うところを、韓国のひとは「充電」(충전、チュンジョン)と言うわけですね。

ということで、T-Moneyカードについて、もっと詳しく知りたい!というひとは、以下のリンクがオススメです!

T-money カード | 韓国の交通|韓国旅行「コネスト」

150107t-money-balance-check09

最後に、「充電」ついでにもうひとつ。

スマホやケータイを「充電」することは、韓国語でも「充電」です。

「ケータイの電池ヤバい!もう切れちゃいそう!」

というときは、カフェや食堂、レストランに入って、ケータイを差し出しつつ、

「충전해 주세요(チュンジョネジュセヨ)」

と言えば、韓国ではきっとかなりの高確率で「充電」してもらえると思いますので、マジでヤバいときには試してみてください。

また、明洞(ミョンドン)には、スマホ用充電器をレンタルしてくれるところもありますよ。

ソウルの明洞(ミョンドン)観光センターでスマホの充電器(モバイルバッテリー)を無料レンタルできるそうです

以上ここまで、さくらヒロシでした!

★「2014グローバル・ソウルメイト(Global Seoul-Mate)」に参加しています。

カテゴリー: 旅行 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す